眼のいずみ

眼に関するいろいろなものをご紹介

スマホ老眼に「スマホえんきん」

スマホ老眼をご存じですか?

スマホ老眼とは、スマートフォンの小さな画面を手元で見続けることで、眼が本来持つピントの調節機能がスムーズに働かなくなります。これにより文字がぼやけて見えたり焦点が合わなくなったりすることです。

本来の老眼でも同じように眼の調節機能が衰えることで、手元にピントが合わなくなったり文字がぼやけて見えたりします。

そのため、スマートフォンを長時間使用することでおこる老眼のような症状を、「スマホ老眼」と呼ぶことがあります。スマホ老眼はスマートフォンのヘビーユーザーとなる20代や30代の人たちに多いとされます。

眼にも休息を

スマートをンの使用時には、近い距離で画面を見がちです。そのため眼の調節機能が常に酷使されている状態になっています。

眼が物を見る距離によってピントを変える機能が調節機能です。この調節機能は、毛様体筋という伸び縮みする組織で眼のレンズにあたる水晶体の厚みを変える機能です。

通常の老眼の場合では、水晶体が硬くなることで調節機能が衰えます。これに対してスマホ老眼は、毛様体筋が酷使されることで起こります。このため、スマホ老眼を少しでも起こりにくくするには、眼の休息が重要です。

眼を酷使しないために

眼を酷使しないように日ごろからできることがいくつかあります。まず、スマートフォンを長時間使った場合には休息すること。目安としては1時間使ったら休息です。つぎに、スマートフォンを使用するときには、眼の前でなく少し離して、できれば40cm以上離して使用するようにします。

このほかにも、眼の周りを温めたり、瞬きの回数を増やすようにすることも有効です。また、人工涙液タイプの目薬を使用することも有効です。

スマホえんきん

スマホ老眼には、サプリメントの利用もおすすめです。

さまざまな無添加化粧品や健康食品などを手掛けているファンケルからもスマホ老眼向けのサプリメントが発売されていて、その名もずばり「スマホえんきん 」です。

【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん

アントシアニンを豊富に配合

スマホえんきん 」には眼の疲労感をケアするビルベリー由来のアントシアニンが豊富に含まれています。

ビルベリー由来のアントシアニンは、眼の疲れに対する機能性が報告されています。

近点調節機能が4週間で改善や、ピント調節機能が7日間で改善、といった報告がされています。

レーシックに代わる視力矯正手術

受けてしまえば面倒のない視力矯正手術

視力が落ちてものが見えにくくなってきたときに、まず頭にうかぶのはメガネかコンタクトレンズだと思います。実際、メガネやコンタクトレンズを使用している人は多いと思います。

しかし、メガネもコンタクトも何かと煩わしいことがあります。メガネはかけていること自体うっとうしいこともありますし、曇ったり、忘れてしまったり。コンタクトに関しては毎日の付け外しが一番面倒だと思います。ハードコンタクトの場合にはお手入れの手間もあります。

これに対して、レーシックなどの近視矯正手術では、一度手術を受けてしまえばそのまま日常生活を送ることが出来ます。そのため、メガネやコンタクトのような煩わしさがありません。

また、レーシックは視力そのものを手術で改善するので、メガネのように視界が限られたりすることがなく、自然な視界のままです。

近視矯正手術による「裸眼の快適さ」

近視矯正手術(視力矯正手術)といえば、「レーシック」という言葉が思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。一時期レーシックによる近視矯正手術が流行したことがありましたので、「レーシック」という言葉を知っている人は多いと思います。

ある施設でずさんな手術をしていたことが問題となったこともあり、レーシックは一時期ほどの流行はありません。それでも多くの人がレーシックによる視力回復手術を受けたのは、やはり日ごろメガネやコンタクトを使っている人たちの「裸眼で過ごす快適さ」の要望が強かったためと言えるでしょう。

さまざまな種類の「レーシック」

「レーシック」という言葉がひろく浸透しているために、近視手術イコールレーシックと思っている人も多いのではないでしょうか。実は近視矯正手術にはさまざまな種類があります。

そもそも、レーシック自体にも、「Vario Design レーシック」「Max Vario Design レーシック」「iFS イントラレーシック オプティマイズ」などのさまざまな種類があります。

これらのレーシック以外にも、リレックススマイル、ICL(眼内永久コンタクトレンズ)、フェイキックIOL、ラゼック、などの視力矯正手術があります。これらの視力矯正手術をまとめて「レーシック」と認識している方も多いのです。

レーシックとは

レーシック(LASIK)とは角膜にレーザー(エキシマレーザー)をあてて角膜のカーブを変えます。これにより角膜の屈折力(:レンズで言うところの度数)を調整することで、近視・遠視や乱視を矯正する視力回復法です。

レーシック(LASIK)は近視だけでなく、遠視や乱視の矯正もすることが出来て、日本ではもっとも普及している屈折矯正手術となっています。

新しい視力矯正手術

レーシック(LASIK)に代表される視力矯正手術には、「レーシック」の欠点を補う新しい手術方法がつぎつぎに実用化されていています。例えば、次世代の視力矯正手術の代表的な存在のリレックススマイルでは、レーシックと比べて格段に角膜への切開創(切れ目)が小さくなっていて、その大きさはレーシックの5分の1程度で済みます。

また、ICL(眼内永久コンタクトレンズ)は、レーシックと違った発想の視力矯正手術です。従来のレーシックなどでは、眼の角膜のカーブを変え角膜の屈折力を調整することで視力を調整していました。これに対してICL(眼内永久コンタクトレンズ)では、その名の通り眼の中にコンタクトレンズ(ICL用の特殊レンズ)を埋め込むことで視力を調節します。

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)では、近視の戻りがない、クリアな視界、角膜を削らない(リスクの低減)、場合によっては施術前の状態へ戻すことも可能、といった、レーシックにはない特徴があります。

近視の戻りがない

従来のレーシックの場合、施術後に徐々に視力が元の状態に戻るという現象がありました。これに対してICL(眼内永久コンタクトレンズ)では、角膜を削らずにレンズを眼の中に埋め込むため、元の視力に関係なく近視の戻りがない手術方法となっています。

クリアな視界

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)では、角膜を削ることがありません。このため角膜のゆがみが出ることがないので、クリアで鮮やかな視界を維持することが出来ます。

術後のリスクが少ない

レーシックは角膜を切ってフラップというものを作り、その下の角膜を削ることで屈折力を調整します。この際に、レーシックでは角膜を28mm切ることになるのに対して、ICL(眼内永久コンタクトレンズ)ではわずか3mmしか切りません。このため、角膜の知覚神経を傷つけることもなく、レーシックでは術後にありがちなドライアイを感じることも非常に少なくすみます。

治療の選択肢が狭まらない

眼の病気にはさまざまなものがあり、そのリスクは視力矯正手術受けた人も受けていない人も変わりません。レーシックでは角膜を削るために、将来何らかの眼の病気になった際に治療の選択肢が限られる可能性があります。しかしICL(眼内永久コンタクトレンズ)では、角膜を削ることがなく、また、場合によっては埋め込んだレンズを取り出すことも可能なため、眼の病気の治療の選択肢が狭まりません。

事前に適応検査が必要です

従来のレーシックと比べてメリットの多いICL(眼内永久コンタクトレンズ)ですが、どのような眼の状態の方でも受けられるわけではありません。事前に適応検査を受け、手術が可能と診断されてはじめて手術を受けることが出来ます。

適応検査については無料で受けられる施設がほとんどですので、興味があれば一度適応検査を受けてみるといいでしょう。また、ICL(眼内永久コンタクトレンズ)に限らず、リレックススマイルなどほかの視力矯正手術の適応検査も無料となっている施設がほとんどです。

参考:
ICL(眼内永久コンタクトレンズ)無料適応検査申し込み 新宿近視クリニック

copyrights © izumi-eye.com all rights reserved